サービスの内容としては撮影した写真をサイトに登録、売れたお金のうち何割かを報酬として貰う事ができます。
それが「ストックフォト」です。
ウェブ関係の仕事をしている人例えばウェブデザイナーやテレビ局、出版社などが主な購入者です。

例として言えば案件として自社で何らかのイメージを作成する場合

1.立案する内容の決定
2.イメージがどんなものかを落とし込む
3.カメラマンさんの確保や被写体、モデルさんの決定
4.スケジュール調整と確認
5.屋外撮影なら天候や移動費の算出と決定、屋内の場合はスタジオの決定と確保
6.撮影の立ち合いと画像編集、納品まで

人件費や期間など、なんやかんや込みこみで考えると予算は10万円程度かかる事になります。
そんなに時間や予算がない場合イメージに近い、写真を安い価格で購入できればメリットは大きいのです。

つまりは市場ニーズを先取りしておき、予め欲しいであろう写真をストックしておき、イメージに合うものがあれば販売するというこのスタイルがビジネスになります。それがストックフォトです。